こむぎ (小麦 パンコムギ)Triticum aestivum
越年1年草【いね科こむぎ属】原産:中央アジア

秋に植付けて3〜4月に穂状の花をつけ初夏に実る
株は根元で多数に分かれて伸びる
葉や茎は他の麦に比べて柔らかい
  画像にMPを乗せると拡大画像に変わる
主に畑で栽培される  草丈1m以下
この実を刈り取る初夏を麦秋と言い、けっこう暑い
麦刈りをした事があったが、ほこりがしてノギが飛び大変だった
おまけに暑くて湿気が多く汗をかく仕事だった
それに比べると稲刈りのほうが涼しく気持ちが良かった
麦畑は早春が美しくて、またヒバリが飛び立ち独特の風景だ
 山口県秋穂の風景 早春の麦畑(浅い緑が綺麗だ) 大画像
四国の讃岐平野には小麦が沢山植えられており、この実をウドンに利用するのかと思っている

 戻る 花図鑑TOPに戻る