くちなし(口無し、梔子) Gardenia jasminoides
常緑低木【あかね科くちなし属】分布 本州中部以南

6〜7月咲  花径8cmまで
花弁は6枚  白い一重で星型に咲き、冬に緋赤の実をつける
暖地の常緑樹林の日当たりの良い場所に生える
梅雨の雨に濡れて純白に香り高く咲いていた
子供のころに、この実で色付けの遊びをした事がある
くちなし色とはくちなしの実の緋赤を帯びた黄色のこと
この色を色々と染料に用いる  自然の色素は害が少ない
くちなしの実は初冬の風物詩だ  八重種は実をつけない
中国原産の小くちなしもあり、グランドカバーに良い
梅雨時期に挿し木する  「おおすかしば」が食害する
腐葉分の多い粘性土を好む  日当たりの良い場所に植える
樹高2mまで  株は枝を多数出させて半円形に仕上げる

利用: 庭木、 実は薬用、染料用
花言葉:とても幸せ

 戻る 花図鑑TOPに戻る