むらさきせんぶり(紫千振)
Swertia pseudochinensis  1〜2年草
【りんどう科せんぶり属】 分布 関東地方〜九州

日当たりの良い草原に生える  分布地は少ない
葉は細長く対生し長さ4cm以下で、上部では沢山つく
10月頃に茎の上部で枝分かれし薄青紫色の花を多数咲かせる
花の色は独特で草原の中で咲くと何かと美しい
センブリより花が大きく花径は2cmまで
またセンブリと同様に苦味健胃材として利用された

 戻る 花図鑑TOPに戻る