かぎかずら(鉤葛)Uncaria rhynchophylla
つる性常緑樹【あかね科かぎかずら属】
分布 本州房総半島以南の暖地

日当りのよい山地に生える  6〜7月に開花
花房は丸い玉状になり径3〜4cm程度
花色は薄黄色で花冠は5裂する  ツートンカラーの玉で可愛い
葉の表面は光沢がある  若い茎は四角になる
葉脇には鉤が1から2個交互につく   全体画像に変わる
他の木に舞いつき、つるは10m位伸びる
数年前にそれらしいなと思っていたが、ようやく花をつけ確認出来た

用途:葉のわきにつく鉤(かぎ)を漢方で釣藤鉤(ちょうとうこう)
   と呼び、鎮静・鎮痛等に利用する

    同属の谷渡りの木は九州に生え
        8〜9月に薄黄色の球形の花を咲かせる

 戻る 花図鑑TOPに戻る