まつばぎく(松葉菊、 ランプ ランサス)
多年草(多肉植物)Lampranthus spectabilis
【つるな科まつばぎく属】原産 南アフリカ ケープタウン

春に花を見て植え込み  5〜6月開花  花径4cmまで
ほふく性で横に広がり垂れ下がる  株分け、挿し芽で増やす
日当たり、排水の良い乾燥気味の砂地へ植える多年草
寒さに強いがきつい霜には当てない  暑さにも強い
色は白,黄、オレンジあり  葉は厚く多肉植物で乾燥に耐える
石垣の上など花が垂れ下がり綺麗に見える  日中だけ開花

   太陽で ランプランサス 燈が灯る 
        エコな植物  充電器   山帰来

 似ている花では葉がヘラ状になるリビングストン デージーがある
 同じツルナ科にアプテニア(ベビーサンローズ)がある
 科名の蔓菜(浜ヂシャ)は海岸砂地に生える山菜

利用方法
:グランドカバー、プランター向き
花言葉:怠惰、愛国心、勲功

花図鑑TOPに戻る