らしょうもんかずら (羅生門葛) Meehania urticifolia
【しそ科らしょうもんかずら属】 分布地 本、四、九州

昔のこと、京の羅生門に住んでいた鬼の手に花が似ている (伝説)
鮮明な紫色をしている  花は径2cm位の大きさ
湿気のある半日陰の道傍などに生える
葉はいら草に似ている  先とがりのハート型で葉脈が明確
4〜5月咲  草丈30cmまで  日陰で涼しそうに咲いている
    画像の上にMPを載せると花の拡大画像に変わる
    北に似ているミソガワソウがあり花がまとまって咲く

花図鑑TOPに戻る