つりふねそう(釣舟草 吊舟草) Impatiens textori
【つりふねそう科つりふねそう属】分布 北海道〜九州

7〜9月夏の盛りに咲く  花径は25mm程度  花の距は巻く
湿気の多い所が好きで渓流沿いに生える
日陰でも日当たりのよい場所でも、水さえあればはびこる
花は提灯の様に花茎で上から吊られている
草丈80cmまで 大画像 大画像 2(水引共)
  同属に黄つりふねがあり同時に咲いている事もある
  1年草のインパチェンスは同属
  画像にマウスPを乗せると花の拡大画像に変わる

  つり舟は  流れ流れて  君の元   山帰来

     下は白花で珍しい


 戻る 花図鑑TOPに戻る