やつで(八手)Japanese aralia, fatsia Japonica
 【うこぎ科やつで属】分布地:本州中部以南

10〜1月に円錐花序に白く丸い花を咲かせる
花の少ない時期に咲くので目につき易い
果実は黒く熟れて垂れ下がる  葉は7〜9枚に深く割れる
通常は8裂  葉は30cm大になり大きい
常緑低木で樹高3mまで  光沢のある葉が美しい
暖地の海岸の樹間に生えるが、実際自生のものだろうか?
自然に繁殖するのは野鳥が実を食べるためか?
同科で葉が3裂するかくれみのは暖地の山でよく見かける
南の暖地には紙八手がある  入替え画像は山の自生分

用途: 強健で庭木に利用(日陰も可)

 戻る 花図鑑TOPに戻る