どうだんつつじ (灯台躑躅) Enkianthus perulatus
 【つつじ科どうだんつつじ属】 原産地:本、四、九州

4月の終わりから5月に咲く  山の岩場にも自生がある
1cm以下の小さな壺状の花
落葉低木で樹高3mまで  排水と日当たりの良い場所に植える
土を盛って植えると良い  別種に花色が赤い紅どうだんがある
  MPを画像に載せると画像が紅葉と実に変わる
 秋の紅葉はすばらしい(九州の久住山)  久住山春の深山霧島
同属に似ている花で白ドウダンがある  花先が深く割れる

利用: 庭木、公園

花図鑑TOPに戻る