にんどうかずら(忍冬、酔蔓、金銀草)
Lonicera japonica
【すいかずら科すいかずら属】分布地は日本全国

5〜6月に咲く  日当たりの良い斜面に生える
香りが良い   3m前後の落葉つる性木本
咲き始めは下の白い花、咲き進んでくると黄色ががってくる
黒い実が秋に実る  花は一対に咲く
薬用には葉や若芽を摘み陰干しして保存
煎じて冷やし口内炎や歯槽膿漏に利用
煎じてあせもなどに浴用して利用
  画像の上にMPを載せると野生の赤花種(ピンク)に変わる
      園芸種 ハニーサックル

 戻る 花図鑑TOPに戻る