しきみ (樒) Lllicium religiosum
【もくれん科しきみ属】 分布地は本州以南

3〜4月頃咲く  葉の付け根に花をつける
暖地の山に生える  葉は長さ10cmの長楕円で表面は光沢がある
木全体に花をつけると見事に咲く  見直してしまった
花径3cm程度の白い花  勲章みたいな形  蕾も先尖りで美麗
半日陰や木の下などに生える  樹高5mまでの常緑低木
西日が当たらない位の日当たり地で栽培
多数枝を出しブッシュ状になり葉の緑が綺麗  樹形も整う
有毒植物で葉からも薬品の匂いがして動物が近づかない

     ゆかしさよ  樒花咲く  雨の中   蕪村    

用途:抹香や線香、庭木   画像拡大します

花図鑑TOPに戻る