すだじい(椎の木) Castanopsis sieboldii
【ぶな科しいのき属】分布地は中部地方以南

5〜6月頃枝先に紐型でクリーム色の集団花を咲かせる
花は長さ10cm位  垂れ下がるのが雄花
雌花は立ち上がる  栗より早めに咲く  花の大画像
暖地の森では普通に生えている  実は小さいが食べられる
常緑高木で25m  木肌を見る  画像交換分は葉

  似ている木でつぶらじいがある
  実は小さく黒く木肌は灰色で滑らか
  花や葉が似ている為両方を合わせてシイと呼ぶ事がある

用途:庭木、街路樹、建築材

 戻る 花図鑑TOPに戻る