やまぼうし(山法師) Cornus kousa
【みずき科みずき属】分布地は本〜九州

5〜6月頃林のなかに白い十字架型の花を咲かせる
木の上部に花を付けるので上からか横からでないと見えない
秋に丸い赤い実をならせ少し甘く食べられる
500m以上の比較的高地にある  花の匂いはない
秋には紅葉する   落葉樹林の樹間に多く生える
高さ10mまでの落葉中木  花を法師の頭巾に見立てた
幹は細身で枝を多く出す  木肌は灰色で斑点がある
庭木にも利用される  山採りは枯れるので実を蒔いて育てる
栽培にはかみきり虫が食害するので注意!
西日を避けて用土にしっかり腐葉土を入れ高めに植える
    山での開花全体写真  紅葉大画像
 画像にマウスポイントを乗せると紅葉の画像に変わります
   アメリカ花ミズキと同属(開花は山法師より1月早い)



 戻る 花図鑑TOPに戻る