おけら(朮・白朮) 多年草 Atractylodes japonica
【きく科おけら属】分布 本〜九州

9〜10月開花  花は2cm大でキクアザミのように咲く
日当たりの良い乾いた草原に生える
新芽を山菜として利用   画像が花の終わり頃に変わる
薬用として根を正月の屠蘇に利用する
角張った蕾に魚の骨状の形があり面白い
草丈60cmまで  不思議と笹原に多く葉や茎も笹に似て堅い

 戻る 花図鑑TOPに戻る