りゅうきんか(立金花)Caltha palustris 多年草
【きんぽうげ科りゅうきんか属】分布 本、九州

5〜7月に鮮明な黄色の花を咲かせる  花径2cm程度
花弁に見えるが、花弁はなく萼片(ガクヘン)が5枚ある
山地の湿地や沼地に生える  群れて咲く事が多い
   大画像1  大画像2
草丈50cm以下  葉がハート型で丸く表面は光沢がある
金色に光って綺麗だが湿地の奥に咲いているので写しにくい
 園芸用 ヨーロッパの西洋立金花
 東北と北海道には似ていて大型のエゾノリュウキンカがある
 また流れのある場所には茎が横に伸びるエンコウソウがある

 戻る 花図鑑TOPに戻る