うきつりぼく(浮釣木)Abutilon megapotamicum
 【あおい科アブチロン属】分布地 ブラジル  

年中温度さえあれば咲いている
吊り下がった花は3〜4cm大
海にウキを浮かべているようで楽しい
釣人はこの木を1本植えるとよい(鯛釣草もどうぞ)
寒さのこない東向きの土地に植える
赤いがく片の中に黄色の花があり色の対比が面白い
1.5m以下の常緑低木  チロリアン ランプとも呼ばれる
花が平開して大きいアブチロンもある
  似ている花でフクシアがあるがこちらは釣浮草でアカバナ科
  また釣り糸を垂れる浦島草もある

用途: 庭木、鉢植
花言葉

 戻る 花図鑑TOPに戻る