たぶのき(たぶ)Machilus thunbergii
常緑高木【くすのき科たぶのき属】分布 本州以南

4月ごろ6弁の薄い黄緑色の小花を集団で咲かせる
花径7mm程度  強い樹性にかかわらず優雅な香りがする
葉は長楕円で先端が尖り表面は光沢があり光る
葉の長さ8〜15cm程度  葉が枝先に集まってつく
実は円形で夏に緑から黒紫色に熟す  画像の上にMPを置くと変わる
暖かい海岸沿いの山地に生える
枝をよく茂らせ暖地の森の主要な木だ
やぶにっけい楠の木にも葉が似ている
幹は灰褐色で平滑  樹高20mまでの常緑高木
    山地には似て葉が細いほそばたぶがある

 用途:公園樹、建築材

花図鑑TOPに戻る