たらよう (多羅葉) Ilex latifolia 常緑高木
 【もちのき科もちのき属】 分布 本州静岡以南、四、九州

4〜5月に緑色の小集団花を葉の根元につける
暖地の山の谷筋に生える  葉は濃い緑で細長く表面は光沢がある
縁は葉裏に反る  葉裏は白味ががる
雄雌異株でこの花は雄花  雌花も似ているが花数が半分位


冬に赤い実がなる
あまり見かけないのは雄雌異株の為か?
そういえば木の数が少ない
寺院によく植えてある
名前はインドで経文を書いた葉になぞらえた
樹高10mまで
木肌は黒褐色で表面に粒々の突起がある

 用途:庭木、公園用

花図鑑TOPに戻る