野茨に鳩(のばらにはと)    北原白秋   戻る   私の花図鑑へ戻る


おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
春はふけ 春は呆けて
古ぼけた草家の屋根でよ
日がな啼く 白い野鳩が
啼いても けふ日は逝ってしまふ

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
庭も荒れ 荒るるばかしか
人も来ぬ葎が蔭によ
茨が咲く 白い野茨が
咲いても 知られず 散ってしまふ

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
何を見ても 何をしてもよ
ああいやだ 寂しいばかり よ
椅子が揺れる 白い寝椅子が
寝椅子もゆさぶりゃ折れてしまふ

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
空は 空は いつも蒼い が
わしゃ元のねんねぢゃなし よ
世は夢だ 野茨の夢だ
夢なら 醒めたら消へてしまう

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
昨日まで 堪へても来たが
明日ゆえに 今日は暗し よ
人もいや 聞くもいやなり
それでも1人ぢゃ泣けてしまふ

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
春だ 春だ それでも春だ
白い鳩が啼いてほけて よ
白い茨が咲いて散って よ
かうしてけふ日も暮れてしまう

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
日は暮れた 昔は遠い
世も末だ 傾きかけた よ
わしゃ寂びる いのちは腐る
腐れていつかと死んでしまう

おお ほろろん ほろろん ほろほろ
おお ほろほろ
ほろほろ ほろろん
おお ほろほろ ・・・・・・・































白秋の別の詩  野薔薇  詩19 又冬に  日記の最初の目次ページへ  花図鑑ホーム