西中国山地   林道再発見の旅    猪俣林道  三坂八郎林道  十方山林道   

  天上山林道  安芸大田町筒賀 湯来町

湯来町の湯の山温泉と役場から433号線を道を東にとり、水内川沿いを1キロ下って行く。やがて左に八幡宮の鳥居が見えてくる。
すぐ先に左に入る三叉路となるので、左折してすぐに峡谷に入る。山岳コースの始まりだ。急勾配で災害が多く、通行止めになる事が多いのでそれも覚悟して出かけよう。頂上付近では水場が無いので、水は持参するか、途中で汲んで、見通しの良い場所を選び、中国山地のスカイラインを見ながらゆっくりと野外の昼食を楽しもう。
 天上山より眺望  天上山林道の秋
     
左写真の中央奥が天上山
  春、夏、秋いずれも美しい
 天上山マップ
               

自然いっぱいのコース。筒賀側には竜頭の滝や駐車場等ありゆっくり休める。また井仁の棚田、天上山があり登山にも良い。
 右写真は恐羅漢山方面を写しており、奥左が恐羅漢山で手前は十方山、一番前が立岩山
  幾山河  越え去りゆかば  寂しさの
   はてなむ国ぞ  けふも旅行く

 若山牧水(茂)
  1885〜1928  宮崎県生まれ
 牧水のこの歌碑は、広島県と岡山県の県境二本松峠に
 ある。 中国山地は、はてしない山続きだ
 大分の耶馬渓にも歌碑がある
 旅の歌人 種田山頭火の歌  同じく西行の歌



         全体地図に戻る  みともりホーム  私の花図鑑