名前の判らない花名探しをしたり又その花の栽培方法等を見ます。

Lyrics    Louisiana rain


Well it was out in California by the San Diego sea
That was when I was taken in and it left its mark on me
Yeah she nearly drove me crazy with all those China toys
And I know she really didn't mean a thing to any of those sailor boys

Louisiana rain is falling at my feet
Baby I'm noticing the change as I move down the street
Louisiana rain is soaking through my shoes
I may never be the same when I reach Baton Rouge

South Carolina put out its arms for me
Right up until everything went black somewhere on Lonely Street
And I still can't quite remember who helped me to my feet
Thank God for a love that followed the angel's remedy

Louisiana rain is falling just like tears
Running down my face, washing out the years
Louisiana rain is soaking through my shoes
I may never be the same when I reach Baton Rouge

 Bridge

Well I never will get over this English refugee
Singing to the jukebox in some all-night beanery
Yeah he was eating pills like candy and chasing them with tea
You should have seen him lick his lips,
that old black muddied beak

Louisiana rain is falling at my feet
Baby I'm noticing the change as I move down the street
Louisiana rain is soaking through my shoes
I may never be the same when I reach Baton Rouge

Louisiana rain is falling just like tears
Running down my face, washing out the years
Louisiana rain is soaking through my shoes
I may never be the same when I reach Baton Rouge



Lyrics & Song by .Tom Petty and appears

  end       訳詞のページに戻る
 訳詞    ルイジアナ レイン


それはサンディエゴ海からカリフォルニアを出たとき
あれは私を受け入れた時、それは私にマークを残した
そう
彼女は沢山の中国のおもちゃで私をほとんどクレイジーにさせた
それで彼女が若い船乗りたちをほとんど意味なくさせたのがわかった

ルイジアナの雨が私の足元に降り続く
ベイビー! 私はまるで通りを下るような変化に気づいている
ルイジアナの雨が靴にまで、しみこんで濡らしている
バトンルージュに着いた時に私は変わっているだろう

南カロライナはその腕を私の為に出して呉れた
すぐにすべてが暗くなる寂しい通りで
そして私ははっきり覚えてないけどだれかが私の足を助けて呉れた
神様ありがとう
愛の為に天使の助けがあったのだ

ルイジアナの雨はまるで涙のように降り続ける
私の顔を流れてこの年月まで洗い流して呉れる
ルイジアナの雨が靴にまで、しみこんで濡らしている
バトンルージュに着いた時に私は変わっているようだ

 間奏

よろしい  私はこの英国の難民を越えられないのだ
いくらかの徹夜の大衆食堂で、そこのジュークボックスで歌う
そう  彼は飴のように丸薬をなめて紅茶で散らせている
貴方はその唇をなめている彼を眺めてる
その黒い泥だらけの口先を

ルイジアナの雨が私の足元に降り続く
ベイビー! 私はまるで通りを下るような変化に気づいている
ルイジアナの雨が靴にまで、しみこんで濡らしている
バトンルージュに着いた時に私は変わっているだろう

ルイジアナの雨はまるで涙のように降り続ける
私の顔を流れてこの年月まで洗い流して呉れる
ルイジアナの雨が靴にまで、しみこんで濡らしている
バトンルージュに着いた時に私は変わっているだろう



詩と歌 トム ペティ

  end       訳詞のページに戻る
                 曲の感想

  私はボニータイラーのベスト曲集をレコードで買い、どことなしにこの曲に興味を覚えた。
 彼女のハスキーな声とこの歌がマッチして大好きな曲だったのだが、作った人が男のトム ペティとあり当時は彼の歌を聞けなかった。
 今はネット時代でいつでもユーチューブのおかげで曲探しもでき、また曲も聞ける。
 私が好きなフォークソングを歌うイアンとシルビアのアーリィ モーニング レインも作曲はゴードン ライトフットでやはり本人の歌は良かった。

  トム ペティのこのルイジアナ レインは彼の若い時代に、前途が展望出来ない若い世代の葛藤や生き様が歌われていてなにか感じるものがある。
 歌と言うものは美辞麗句をならべて作るものでなくて、私たちが生きている世を映し出すような実感のこもった歌が素晴らしいと思う。
 まあ世代によって感じ方は変わるものではあるが、いつまでも生き残れる歌は最高である。

  別に最近私が年齢を重ねた事にもよるのだろうが、最近亡くなったピート シーガーの歌でフォー エバー ヤング(作詞作曲はボブ ディラン)があるが
この歌も素晴らしいと思った。 ボブ ディランの歌(歌詞と訳詞)