花の里日記   2004.3.10 49
花図鑑topへ                 水曜日  通りには血が・・・・

 このCDアルバムは少し前になるけれどその中に感動した歌があった。ジュディ コリンズのカム リジョイス。この中の「ソング フォー サラエボ」の曲だ。アルバムはクリスマス曲が主体でどれもすばらしくアメリカ人のクリスマスに寄せる信仰心が見事に出ているが、ジュディ コリンズのフォークシンガーとして今だに現役で活躍している所以なのであろうか、このソング フォー サラエボを入れている。どちらかと言うとアメリカ人は右の手に鉄砲、左の手に十字架をもっている。2重人格者である。周りの人たちはどちらが本心なのか迷うのである。
 アメリカ人の話はこれ位にして同じく最近感動して聞いた日本の歌に「さとうきび畑」がある。森山良子が歌い続けてくれている沖縄の反戦歌である。作詞作曲は寺島尚彦である。彼の魂からの叫びが伝わりまた感動する。私たちは戦後平和教育を受けてきた。新しい平和な世界を造るつもりがベトナム戦争、イランイラク戦争、イスラエルの中東紛争、アフガン、サラエボ、イラク紛争と休む暇もなく続く。中国では南京虐殺、日本でも沖縄、長崎、広島、大阪、東京爆撃などと第二次世界大戦では多大な戦死者が出たはずである。でも今では私たちは裕福な生活になれて飽食、美装、邸宅などを求めて金銭の獲得に血眼となっている。私を含めて日本人はなんと心が貧しいのであろうか?詩を訳していて悔し涙がにじむ私であった。  追記:残念ながら寺島尚彦は亡くなった。
 
 「ソング フォー サラエボ」 (副題 平和を夢見る) の作詞作曲はジュディ コリンズとユーゴの農家の子供たちとある。
へたながら友人にあてるため訳した。下記に・・・・・

   
Song for sarajevo (ユーチューブでのジュディ コリンズの歌)

通りには血が
洪水のように流れてくる。
隠れる場所もない。
行く所も見つからない
手をさしのべれば
死に触れてしまう。
サラエボのあの時。

私の心臓が
時計のように揺れ動くのを感じる。
空から襲ってくる
飛行機から隠れ
炸裂する爆弾の火から逃げまわる。
空から焔が降り
私の生活を燃やし尽くしてしまった。
今は平安も無く愛も失われてしまった。

しかし目をとじれば
昔の平和を夢見ます。
あの花咲く丘を夢見ます。
笑いかけてくれる母を夢見ます。
目をとじれば
あの平和を夢見ます。


昔、帰る家があった。
いい生活があった。
母は抱き上げて歌ってくれた。
その時焔が空から落ちてきて
だれも私を守ることが出来なかった。
戦争は休み無く飛び回る悪の鳥。
すべての子供たちの夢を食べ尽くしてしまう。
戦争の悪の鳥が暗闇に舞っている。
すべての聖なる約束は破られてしまった。

しかし目をとじれば
昔の平和を夢見ます。
あの花咲く丘を夢見ます。
笑いかけてくれる母を夢見ます。
目をとじれば
あの平和を夢見ます。


貴方は戦争を止める事ができないでしょうか?
終わるよう努めてください。
貴方は大人だし強い。
私はまだ子供です。
血が飛び散らなくなれば私たちは平和に住めるのではないでしょうか。
神聖だった世界を作ってください。
私が子供でありつづける為に!

貴方がその目をとじれば
平和を夢みる事ができますか?
花咲く丘を夢見ることができますか?
笑いかける貴方のお母さんを夢見ることができますか?
とじたその目を開いて私たちに平和を下さい。


貴方がその目をとじれば
平和を夢みる事ができますか?
花咲く丘を夢見ることができますか?
笑いかける貴方のお母さんを夢見ることができますか?
目をあけて私たちに平和を下さい。

追記 もう一つこの歌から連想で思い出したフォークソングがある。
    民衆の歌でもあるし反戦の歌でもある。当時はベトナム戦争であった。
    忘れかけていた。 それは
平和の誓いだ。大意・・・
 
 昨夜いままで見たことがないような不思議な夢を見た。
醜い戦争に怒った人々が狭い部屋に満ち溢れている。
二度と戦争をしないと誓った紙をコピーし、次から次へと署名していた。
通りには沢山の人が出て踊っている。
人々は軍服を脱ぎ捨て、鉄砲や剣を床に投げ捨てていた。
昨夜不思議な夢を見た。

 Last Night I Had The Strangest Dream (平和の誓い) より
 フォークの神様と呼ばれたピート シーガーの歌 関連ページ1関連ページ2

 彼の歌では他に
花はどこに行った? とか もしハンマーを持ったら がある。
  もしハンマーを持ったら、私は朝に夕にハンマーを打ち振い
   世界の危険や疑いを打ち砕こう。
    ハンマーを振って皆で愛を分かち合おう・・・
     私にはなぜか彼が神の使いに思えるのだ。

  追加で 2013.1.5

 今中国や韓国、ロシアと日本が小さな境界紛争で争っている。
地球の上から眺めれば境界等見えもしない。人の欲は限りがない。
ピート シーガーの広い心で対応しょう。 フロム ア ディスタンス From a Distance
共産主義の一党独裁も今ではまるで陳腐になってしまった。
残っているのが不思議な位だ。
極端な資本主義も一部の国を除いてなくなりつつある。
ベトナム戦争時のあのときの失敗をまた繰り返してはならない。

  また追加 2014.1.16

 数日前にレンタルDVDで
ウエルカム トゥ サラエボを見た。
アメリカのジャーナリストがサラエボの内戦を取材していて、戦争の孤児を救い出す事になった経過を映画化している。当時の国連や政治家はなぜか手を出さないので自ら行動している。
現在の国連の無力化が情けないと思う。昔のことだが今でも紛争は中東やアフリカで起きている事だ。安全保障のシステムを改革しなければと思う。日本は行動出来ると思う。



日記前のページへ 日記次のページへ 日記の最初の目次ページへ   花図鑑ホーム