大島大橋と桜春の大島大橋  むこうは本土

 
春の大島大橋

 春はかすみにと言うけれど、晴天の良い日は少ない。
晴れれば風が強いなどということが多い。
雨が中休みの大島大橋はライトグリーンに彩られ、春らしい色を見せる。
行き交う船もかろやかに急流の瀬戸を過ぎ行く。
桜も淡いピンク色を濃くしたように見える。
大島の橋を渡った島の山側に公園があり車で登れば展望台がある。

近辺の海では桜鯛も取れて観光つりも盛んだ。
屋代島には観光地がたくさんある。

 ここの大畠瀬戸には虚空太鼓の伝説がある。
この瀬戸では旧6月ごろに、どことなく太鼓の音がする。
宮島の祭礼の日(管絃祭)に軽業師の一行がこの瀬戸で難破して死んだ。
その後太鼓の音が聞こえるようになったといわれる。
この音がしたら耳をふさぐと難をまぬがれるという。
又宮島の神様は女性なので、若い男女の参詣はまずいといった話もある。
この瀬戸のもう一つの伝説
(般若姫伝説 般若寺)
初冬に笠佐島に渡る事が出来た。
二人埠頭でのんびり釣りをしている。
  大島の西 笠佐島から見た大島大橋 左は本土、右は大島 

全体地図に戻る  みともりホーム  私の花図鑑