ははこぐさ(母子草 御形) Gnaphalium affine
越年草【きく科ははこぐさ属】分布地:全国

4〜5月咲き  黄色の丸い花の集団花
茎や葉が白味を帯びる  葉は互生し細長い
春の七草のごぎょう(御形)だが一般的には食べない
草丈20cmまで  畠や耕作をしていない田などに生える
肌触りも見た目もやわらかな春の草  母子の関係を思い浮かべる
いにしえには餅草に利用された   大画像を見る
写真右上はよもぎ(きく科)  こちらが現在の餅草だ

 関連種 ちちこぐさもどき ちちこぐさ たちちちこぐさ
 山地には山母子がある

     春の七草は
 せりなずな、御形、はこべら仏の座すずなすずしろ


七草粥は陰暦の正月7日(2月中旬ごろ)に七草を入れて作る粥
太陽暦では1月7日  太陽暦では山野に七草はまだ茂らない
せりは芹で湿地に生え、競り合って茂るからと言われている
なずなはペンペン草  はこべらはハコベ
仏の座とは小おにたびらこ(田に生える) しそ科の仏の座ではない
すずなは蕪(かぶ)  すずしろは大根

花図鑑TOPに戻る